環境作り

【実測値】うさぎを飼うための初期費用は3万円、毎月かかるお金は年間30万円です

この記事では実際にかかった以下の金額を詳細に説明します

  • うさぎを飼う時にかかる初期費用
  • 毎月うさぎにかかる金額

僕の家庭は30万円前後の給料で生活しています

そんな家庭の僕が、うさぎに使う金額は年間で30万円ほど。

食費、電気、病院だけでこれだけ掛かります。
これはうさぎに特別な贅沢をさせていない金額です。

意外と多いですよね。
でもまだまだお金は掛かります。

更に不定期で金額が上乗せされるもの

  • 去勢・避妊手術
  • 病気などが見つかったとき
  • うさぎ部屋への設備投資

など

うさぎの生活は全て「節約できる方法」がありません。

  • 牧草は切らしてはいけない
  • 病気を我慢させられない
  • エアコンは24時間稼働

など当たり前にお金が出ていきます。

お金の面も含めて「本当に飼ってあげられるかどうか」「飼うためにどうすればよいか」を考えてください。

初期費用:約30,000円

【うさぎ】を含まない金額です。

最低限必要なもので30,000円必要。

【内訳】合計28,600円
小屋関連ケージ10,000円
トイレ1,500円
給水器1,000円
餌皿600円
フードフィーダー1,500円
温湿度計2,000円
部屋の
散歩関連
ジョイントマット2,000円
防塵消臭マット10,000円

上の表に含めていませんがエアコンは必須です。

エアコン無しで、うさぎは飼えません。

ペットショップなどで買ううさぎは、学校にいたうさぎや野うさぎとは違います。
品種改良がされているので温湿度にかなり敏感な動物です。

うさぎ部屋を「適温に保つ」ということは「死なせない温度を保つ」ということです。
快適に過ごしてもらう【うさファースト】の観点とは違います。

「死なせない温度を保つため」に必ずエアコンがある部屋で飼いましょう!

↓最初に揃えるグッズの選び方やオススメを書いた記事はコチラ↓

\この記事で全て揃う!/

毎月かかるお金:約20,000円

合計18,500円
ご飯代7,000円
日用品代1,500円
電気代6,000円
病院代4,000円

ご飯と日用品とは、毎月の消耗するものです。
うちでは牧草・ペレットやペットシーツや、専用の掃除スプレーなど定期的に購入しています。

この記事で全て揃うので参考にしてください↓

「電気代はそんなにアップするの?」

ぼく

ここは覚悟してね

僕が今まで使っていた電気代にプラス6,000円でした。

電気代があがる原因

  • エアコンは基本的に24時間稼働
  • 必要なら加湿器も24時間稼働
  • 必要なら除湿機も24時間稼働

月によってはプラス約1000円のときもあります。
電気代が抑えられた月のお金は、電気代の高くなる月に回してやりくりしています。

電気代の実測値はコチラの記事に書きました。
かなり細かく書いているので想像つきやすいですよ。

「毎月病院に行くの?」

ぼく

何もなければ
2ヶ月に1回通います

定期で行うのは、爪切りと健康診断です。
およそ1,000円くらいかかります。

何もなければこれだけです。
しかし、何か起こりやすいのがうさぎさんです。

季節の変わり目はお腹を壊しやすいですし、気圧の変化でも体調を崩します。

僕のうさぎは避妊手術後に【てんかん】になりました。

これは1年間毎月、薬代だけで3000円と、発作が起こった後の診察代がかかります。

しかも、うちはペット保険に入ってなかったので全て実費です。

ぼく

ペット保険は入っておけばよかった……

飼ったあとに入れる保険もありますが、飼うときにしか入れない保険もあります。

うさぎを飼う前に資料を取り寄せて、よく調べておきましょう。
(僕は調べなくて失敗しているので)

\無料で資料も取り寄せできる/

ぼく

資料を見て、僕がイイな!と思った保険です

アニコムのシールが貼ってある病院なら、病院での窓口精算で自己負担分を払うだけでお会計が終わります。
これって即保険金降りてるてことですよね。

僕が信用している動物病院でも利用可能なので選んで間違いないです。

\アニコムだけでも資料請求できる/

但し、アニコムペット保険は去勢・避妊手術が保険対象外になるので注意が必要です。

その他、おもちゃ代は限度なし

うさちゃんを飼うと飼い主のテンションがアップします。

うちの子かわいい!
もっと遊んであげたい!

クッション買ってあげたくなったり
おもちゃを買ってあげたくなったり

僕自身は大体毎月5,000円くらいかかってます。
買ってあげて様子見て、次はこれ買ってあげたい!という繰り返しです。

このように自分の楽しみが増える覚悟もお忘れなく。

(お金がかかりすぎて離婚を考えた話)

それだけシビアですという話。

過去にハムスターを飼っていた僕が思った感想:

ぼく

ハムスターより桁違いにお金も手間もかかるぞ

うさぎと暮らすお金を知らずに、うさぎを飼った僕と奥さん。
奥さんは言う。

奥さん

うさぎが何かあったときのために家にいたい

ぼく

(えッ!?)

わからんでもないけど……。

年間30万もかかるのに収入は変わらないまま。

もちろん生活は赤字なので僕のカード支払いの金額が増えまくり。

ぼく

人間1人とうさぎ1匹養うのはキツイぜ

これなら離婚してうさぎを飼った方が人間1人分のお金を節約できます。

もちろん手放すのはうさぎよりも奥さんです。

人間は手放しても生きていけます。
しかし、うさぎは手放したら死んでしまう可能性のほうが高いから。

ぼく

協力しあえないと喧嘩ばかりになります

今は色々奥さんにも協力も呼びかけて持ち直したから良かったですが、一時期本気で危なかったです。

「かわいい!」「なでなでしたい!」のノリだけでは飼えないくらい現実はシビアです。

飼うなら対策が必要です。

特に電気代とペット保険は、余分な出費を抑えられる箇所なので、事前にしっかり調べておきましょう。

初期費用30,000円、毎月20,000円かかる

ぼく

最後まで飼い続けられるか、
お金を見積もって考えてほしい

初期費用はすぐに覚悟できる人が多いことでしょう。

一番注意すべきなのは毎月20,000円プラス突発的な費用がかかること。

先に計算できる部分は予算の計画が必要です。

ペット保険を比較しよう!

\無料で資料をもらう/

金銭的にもばっちり計算した!
最後まであの子を育てる責任がとれる!

覚悟も決まった方、うさぎさんと幸せにすごしましょう!

以上です。

ABOUT ME
chip
こんにちは! チップの飼い主(@klubRab)です。 チップという名前の「うさぎさん」を飼っています。 チップをお迎えしてから3年目です。 主に室温や湿度の変化について研究し、ほぼ毎日【#うさぎの温度管理】というハッシュタグで呟いています。 ※筆者はJCRA(日本コンパニオンラビット協会)会員/うさぎマスター検定2級保持者です よろしくおねがいします!
関連記事